先日、施設入居中の依頼者様が、今まで旦那さんが亡くなって4年経つかなぁ…

もう自分もウチに帰る事は無いから全部お願いしていい?って…
今まで大切に想い住んでいた住宅の売却と生活ゴミの片付けを依頼されました。
コレが終活!コレが生前整理!っと自分がおこなっているのは誰かがしなくちゃならない事…
悲しい、そして前向きに生きなきゃいけない現実、残された家族が困るうちに何とかしたいと言う想いが複雑な気持ちとなり、
もどかしさすら感じますが、

御依頼者は作業完了報告と売却先の決定を伝えると、とても安堵した笑顔の表情でした。

格別に我々の仕事を誇りにも思う笑顔でした。

あの笑顔と代金を頂いて仕事をしている我々は更に元気をいただきました。
またあの安堵した表情を見にたまに施設に顔見せに行きますねぇ〜おばあちゃん♬